オシゴト紹介 アフィリエイトってどんな仕事?

「副業」のテーマでよく取り上げられるのが、

アフィリエイト

というビジネスです。メディアなどで取り上げられることも多くなり、広く知られるようになってきてはいますが、その仕事内容について詳しく知らない人も多いのではないでしょうか。

今回は、「アフィリエイト」というビジネスについてご紹介していきます。

アフィリエイトとは

そもそもアフィリエイトという名前は知っているけど、何をやっているか分からない、なんか怪しいイメージがあるという方、多いのではないでしょうか。

アフィリエイトとは、「成果報酬型広告」の事です。簡単に言うと、あなたが広告を出して売り上げが上がったり、資料請求された分だけ報酬が貰える、という仕組みです。

TVや新聞広告などとの違いは、広告主からの報酬発生の条件です。

TVや新聞広告は、「テレビCM・新聞広告に掲載する」ことに対して広告主からお金が発生しますが、アフィリエイトでは「成約条件(広告主や商材によって異なる)」に対して報酬が発生するのです。

ですから、あなたがTVや新聞のように毎日何十回広告を出しても、1件も成約しなければ報酬はゼロです。しかし、効率良く広告を出して成約が取れたら、少ない労力で大きな報酬を得ることができます。

また、ブログやSNS、Youtube動画などは、しっかりとしたメディアを作っていけば、放っておいても報酬を生んでくれる「資産」となっていきます。

これが、巷でよく言う「放ったらかしでも稼げるアフィリエイト」の仕組みです。確かに、放っておいても稼げる仕組みは作れますが、その仕組みを作るためにはある程度の時間と労力が必要だという事を覚えておきましょう。

アフィリエイトでお金が発生する仕組み

さて、TVや新聞広告との違いについては前述しましたが、なぜアフィリエイトというビジネスが成り立つのかについて、簡単にまとめてみました。

広告主は、成果に対して報酬を支払うので、TVや新聞に比べて広告費を抑えることができます。また、他のメディアではフォローしきれないユーザーに対しても商品をPRできるのが、広告主のメリットです。

しかし、TVや新聞と違って、そのメディア(その人のブログやSNS)に集客、宣伝効果があるのかはわかりませんし、広告主もそこまで調べている時間はありません。

ですから、「成果報酬」という形でお金を支払っているわけですね。

アフィリエイトって怪しくないの?

放ったらかしで月収〇〇万円
一日30分で夫の年収超えちゃいました

などなど、一部の過激な表現のせいで、アフィリエイトって怪しい、胡散臭いイメージが未だに拭いきれていないのが現状です。

ここまでの記事を読んでいただけたらわかると思いますが、アフィリエイト自体は決して怪しいビジネスではありません。

ただ、「成果を上げたら上げただけ報酬が増える」ために、ズルいことしたり、誇張表現をしたりする人が少なからずいるわけです。

こういった自分の利益だけを考えてしまう人たちが、アフィリエイトのイメージを悪くしてしまっているんですね。それどころか、広告主のイメージも悪くしてしまう場合もあります。

そんな人たちには、当然厳しいペナルティが課される場合もあります。ズルいことをしてお金を儲けようとしても、長続きはしません。

アフィリエイトに、もっと健全なイメージを持ってもらえたらいいなと思っています。

まとめ

ルールに則ってやっていけば、アフィリエイトは健全で、かつ大きな収益も目指せるビジネスと言えます。

アフィリエイトは成果が出るまで比較的時間がかかるビジネスとは言われていますが、しっかり積み上げていけば、あなたのメディアはお金を生み出してくれる「資産」になっていくのです。

タイトルとURLをコピーしました